記事一覧

セミナー 《日中関係の現在と未来:米中朝関係の激動の中で》のご案内

セミナー 《日中関係の現在と未来:米中朝関係の激動の中で》

 日中平和友好条約締結40周年にあたる2018年、安倍総理の訪中など、日中関係は数年前とは様変わりした良好な局面を迎えつつあります。それとは対照的に米中間の対立は深まり、朝鮮半島の核ミサイル開発をめぐる情勢を一層複雑なものとしています。
 「新しい日中関係を考える研究者の会」は、こうした背景から、東京大学公共政策大学院(GraSPP)と共催で、下記セミナーを開催することといたしました。米中朝関係の激動という国際環境下における日中関係の現在を分析し、未来を展望します。

 奮ってご参加いただきますよう、茲許ご案内申し上げます。

               記

主催:新しい日中関係を考える研究者の会
   東京大学公共政策大学院(GraSPP)
期日:2018年11月17日(土) 13:30〜17:30
会場:東京大学国際学術総合研究棟4階講義室B 
    東京都文京区本郷7-3-1
   https://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_01_07_j.html
使用言語:日本語
参加登録:必須(末尾参照)


     <スケジュール/タイムテーブル>

受付開始:13:00〜

開幕詞(主催者挨拶):13:30
 1 天児慧・「新しい日中関係を考える研究者の会」代表幹事
 2 高原明生・東京大学公共政策大学院院長(本会幹事)

報告:各20分×4報告  〜14:50 
 天児慧(早稲田大学名誉教授、本会代表幹事):
  「大国パワーの陥穽:朝鮮半島情勢をめぐる米中の戦略と金正恩、文在寅の対応」
 伊藤剛(明治大学政治経済学部教授):
  「 “ストロング・マン” による自国第一主義とアジアの国際関係」
 朱建榮(東洋学園大学グローバル・コミュニケーション学部教授):
  「米国とのツキディデスの罠を回避できるかー中国での論争と模索」
 呉軍華(日本総研理事):
  「米中貿易戦争の背景と日本への示唆」

コメント:各10分
 李鍾元(早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授)
 小嶋華津子(慶応義塾大学法学部准教授、本会幹事)

休憩:〜15:30

パネル討論:15:30〜
 モデレータ:高原明生幹事
 パネリスト:報告者/コメンテーター

フロア討論:

閉幕詞:17:30


<参加登録>:必須 
 参加をご希望の場合は事前のご登録をお願いいたします。
 下記の東京大学公共政策大学院(GraSPP)ホームページからお申し込み下さい。
  http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/en/events/grss20181117/

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第11回WSのお知らせ


オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第11回WSのお知らせ

 本会の重点活動の一つとしてのシリーズ企画オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》は、既にビジネス、メディア、外交、金融、文化交流と回を重ねるごとにご好評をいただいておりますが、今般下記の通り第11回ワークショップを開催することとなりました。

 今回の第11回源流ワークショップは、日中間の経済技術交流、プラントビジネスの第一線の現場に長く携わって来られた日揮の横井陽一さんをゲストに迎え、今日に至る日中民間交流の流れを振り返り、今後の日中関係への示唆をいただこうとの狙いです。

 横井さんは、1958年、東京都立大学をご卒業の後、化学工業日報社、化学経済研究所を経て、64年日本揮発(現・日揮)に入社されて以来、一貫して中国事業の企画を担当されました。住友グループの一員として、1972年初訪中を経て、上海・金山の石化計画のほか天津、北京、南京などの石化計画ビジネスに従事され、特に、1978年、国際事業本部第4営業部長として吉林エチレン、大慶エチレン、南京・茂名ハイドロクラッカー水素化分解、山東エチレングリコールなどの受注・契約に手腕を発揮されました。1979年からのいわゆるプラント未発効事件、契約中断に伴う再契約交渉を担当されましたので、今回の源流ワークショップでは、対中プラント輸出契約に関わる詳細をお聞きでき流ものと期待されます。

奮ってご参加いただきますよう、茲許ご案内申し上げます。

               記

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第11回 技術交流

期日:9月29日(土)午後3時〜5時
於:早稲田大学9号館9階 現代中国研究所会議室
   アクセスマップ https://www.waseda.jp/gsaps/access/
司会:諏訪一幸幹事(静岡県立大学教授)
ゲスト:横井陽一氏(元日揮)
聞き手:菱田雅晴幹事(法政大学教授)

下記からお申し込み下さい。
なお、受付回答はいたしませんのでご了解くださいますようお願いいたします。 





【申込】

■おなまえ/ご所属


■Eメール


■連絡事項



オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第10回WSのお知らせ

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第10回WSのお知らせ

 本会の重点活動の一つとしてのシリーズ企画オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》は、既にビジネス、メディア、外交、金融、文化交流と回を重ねるごとにご好評をいただいておりますが、今般下記の通り第10回ワークショップを開催することにいたしました。

 今回の第10回源流ワークショップは、日中民間交流の第一線の現場に長く携わって来られた南村志郎さんをゲストに迎え、加藤千洋会員を聞き手として、今日に至る日中民間交流の流れを振り返り、今後の日中関係への示唆をいただこうとの狙いです。

 南村志郎さんは、大連に生まれ、中学の時に北京で敗戦、東京外語大学で中国語を学び、記者を経て、1960年代に日中貿易の窓口となる友好商社員として北京に滞在中、周恩来総理から「民間大使」として招かれていた西園寺公一と出会い、その秘書役として、日中友好を長く支えた存在としてよく知られています。「周―西園寺ライン」は日中関係の太いパイプとして、南村さんは首相になる前の三木武夫・周恩来会談を調整したほか、対日政策を担った中日友好協会の廖承志らとも親交がありました。今もなお、日本と北京に年に数カ月ずつ滞在し、若者に日中関係の歴史を伝え、中国の古い友人とのつきあいを続けておられます。

 『水を飲むときには、井戸を掘った人のことを忘れない』という周恩来言にある通りの日中民間交流「井戸掘り人」、南村志郎さんをゲストに迎えた今回は、従来以上に興味深いワークショップとなるものと期待されます。

奮ってご参加いただきますよう、茲許ご案内申し上げます。

               記

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第10回 日中民間交流

期日:8月4日(土)午後3時〜5時
於:早稲田大学9号館9階 現代中国研究所会議室
   アクセスマップ https://www.waseda.jp/gsaps/access/
司会:諏訪一幸幹事(静岡県立大学教授)
ゲスト:南村志郎氏(元西園寺公一秘書)
聞き手:加藤千洋会員(平安女学院大学特任教授)

下記からお申し込み下さい。
なお、受付回答はいたしませんのでご了解くださいますようお願いいたします。 





【申込み】

■おなまえ/ご所属


■Eメール


■連絡事項



【重要】オーラルヒストリー第9回ワークショップ日程変更のお知らせ

 予てよりご案内しておりました標記オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第9回ワークショップは、事情により、開催日時を当初の4月14日から、4月21日に変更することにいたしました。既にご予定いただいた方々には、多大なご迷惑とご不便をおかけすることとなり、誠に申し訳ありません。深くお詫び申し上げます。

 今回は、先般の第5回源流ワークショップに引き続き、長く日中文化交流協会事務局にあって第一線の日中文化交流の現場に携わって来られた佐藤純子さんをゲストに迎え、加藤千洋会員を聞き手として、1970年代以降の日中文化交流の流れをたっぷり描き出していただこうとの狙いです。
 前回以上に興味深いワークショップとなるものと期待されます。奮ってご参加いただきますよう、茲許改めてご案内申し上げるような次第です。

               記

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第9回 文化交流②

期日:4月21日(土)午後3時〜5時
於:早稲田大学 西早稲田ビル 19号館710教室
   アクセスマップ https://www.waseda.jp/gsaps/access/
司会:諏訪一幸幹事(静岡県立大学教授)
ゲスト:佐藤純子氏(日本中国文化交流協会)
聞き手:加藤千洋会員(同志社大学グローバル・スタデイズ研究科教授)

下記からお申し込み下さい。
なお、受付回答はいたしませんのでご了解くださいますようお願いいたします。 





【ワークショップ申込み】

■おなまえ/ご所属


■Eメール


■連絡事項



オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第9回WSのお知らせ

 本会の重点活動の一つとしてのシリーズ企画オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》は、既にビジネス、メディア、外交そして金融と回を重ねるごとにご好評をいただいておりますが、次回第9回研究会には、文化交流分野をとりあげた第5回の続編を開催することにいたしました。

 先般の第5回源流ワークショップでは、長く日中文化交流協会事務局にあって第一線の日中文化交流の現場に携わって来られた佐藤純子さんをゲストに迎え、加藤千洋会員を聞き手として、1960年代の動きを中心にいくつもの“秘話”をご紹介いただきましたが、聞き手と話し手の息のあった絶妙のやりとりからあっという間の2時間でした。今回は、お二方に再度ご登壇いただき、1970年代以降の日中文化交流の流れをたっぷり描き出していただこうとの狙いです。
 前回以上に興味深いワークショップとなるものと期待されます。奮ってご参加いただきますよう、茲許ご案内申し上げます。

               記

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第9回 文化交流②

期日:4月21日(土)午後3時〜5時
     当初予定の14日から変更になりました
於:早稲田大学 西早稲田ビル 19号館710教室
   アクセスマップ https://www.waseda.jp/gsaps/access/
司会:諏訪一幸幹事(静岡県立大学教授)
ゲスト:佐藤純子氏(日本中国文化交流協会)
聞き手:加藤千洋会員(同志社大学グローバル・スタデイズ研究科教授)

下記からお申し込み下さい。
なお、受付回答はいたしませんのでご了解くださいますようお願いいたします。 





【ワークショップ申込み】

■おなまえ/ご所属


■Eメール


■連絡事項



《戦後日中関係の源流をさぐる》 第8回ワークショップのお知らせ

資料 31-1.png資料 31-3.jpg資料 31-4.jpg

オーラル・ヒストリー:《戦後日中関係の源流をたどる》第8回ワークショップのご案内

 先般(2017年12月2日)、日本国際貿易促進協会の武吉次朗さんをゲスト・スピーカーにお招きし、シリーズ企画オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第7回ワークショップを開催、国交正常化以前の日中関係につき、貴重なご体験に基づく深い洞察に満ちたお話をお聞きすることができました。日中経済協会、日中投資促進機構ほかで同様のご活躍をされた服部健治さんの聞き手役としての名采配もあり、あっという間の2時間、国交正常化に至る日中の動き、改革開放以降今日に至る日中間の絆等今回企画の白眉部分をじっくりお聞きする時間を逸することとなってしまいました。

 つきましては、その延長、続編として、下記の通り、武吉さんに再度ご登場いただき、《戦後日中関係の源流をたどる》第8回ワークショップを開催することにいたしました。前回同様いくつかの“秘話”も含めた興味深いお話をお伺いすることのできる貴重な機会かと存じますので、会員のみなさまの積極的なご参加をお待ちしております。

 また、こうした日本と中国との深い関わりの歴史を是非若い方々にもお伝えすべく、周囲の方々にもお声をかけていただければ幸いに存じます。

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》
       第8回ワークショップ ビジネス分野③

期日:2018年2月10日(土)午後3時〜5時
於:早稲田大学 西早稲田ビル 19号館712教室
   アクセスマップ https://www.waseda.jp/gsaps/access/
司会:諏訪一幸幹事(静岡県立大学教授)
ゲスト:武吉次朗・日本国際貿易促進協会 相談役
聞き手:服部健治・中央大学大学院教授

下記からお申し込み下さい。
なお、受付回答はいたしませんのでご了解くださいますようお願いいたします。 





【申込み】

■おなまえ


■ご所属/Eメール


■連絡事項



  

《戦後日中関係の源流をさぐる》 第7回ワークショップのお知らせ

オーラル・ヒストリー:《戦後日中関係の源流をたどる》第7回ワークショップのご案内

 本会の重点活動の一つとしてのシリーズ企画オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》は、既にビジネス、メディア、外交そして金融、文化交流と回を重ねるごとにご好評をいただいておりますが、日中間の民間経済交流に大きな役割を果たした日本国際貿易促進協会の武吉次朗さんをゲスト・スピーカーにお招きし、下記の通り第7回研究会を開催することにいたしました。

 今回のゲスト、武吉次朗さんは、1958年中国から帰国されて以来、長く日本国際貿易促進協会で日中貿易の発展に尽力され、その後摂南大学、中国研究所等で中国研究、中国語教育に邁進されたほか、近年では東京、大阪、横浜等で中国語講座を主宰しておられます。国貿促は、国交正常化前の1954年の創立以来、中国との強い信頼関係を基礎にして、対中貿易・経済交流の広範な分野にわたる促進事業を担ってきた組織です。
 本研究会は、この国貿促で活躍された武吉さんの貴重なご体験を直接お聞きする貴重な機会かと思われます。
 
 加えて、今回は、当時日中経済協会に在籍し、日中投資促進機構ほかで同様のご活躍をされた服部健治さん(中央大学大学院戦略経営研究科教授)に聞き手としてご登壇いただくことになり、多くの興味深いお話がうかがえるものと期待されます。

 会員のみなさまの積極的なご参加をお待ちしております。
 また、こうした日本と中国との深い関わりの歴史を是非若い方々にもお伝えすべく、周囲の方々にもお声をかけていただければ幸いに存じます。

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》
第7回ワークショップ ビジネス分野②

期日:12月2日(土)午後3時〜5時
於:早稲田大学 西早稲田ビル 19号館712教室
   アクセスマップ https://www.waseda.jp/gsaps/access/
司会:諏訪一幸幹事(静岡県立大学教授)
ゲスト:武吉次朗・日本国際貿易協会相談役
聞き手:服部健治・中央大学大学院教授


下記からお申し込み下さい。
なお、受付回答はいたしませんのでご了解ください。   





【申込み】

■おなまえ/ご所属


■Eメール


■連絡事項



シンポジウム《第19回党大会後の中国を読む》のお知らせ

会員各位:

 中国共産党第19回大会に世界の耳目が集まっています。いうまでもなく、習近平第2期政権のありようが東アジアのみならず、世界に大きなインパクトを与えるからです。 

 新指導部人事からどのような権力構造の変化が透視できるのか、習近平体制とは新権威主義なのか、それとも皇帝独裁なのか?習近平政権二期目の内外経済の課題とは?パワーシフトが進行する中にあって中国の外交・安全保障政策はどこに向かうのか?
 当然、これらの中国の動きは、国交正常化45周年を迎えた日中関係の今後にも大きく影響します。

 「新しい日中関係を考える研究者の会」は、こうした第19回党大会後の中国情勢を読み解くべく、下記の通りのシンポジウムを開催することにいたしましたので、茲許ご案内申し上げます。

 ご関心各位の積極的なご参加を賜れば幸いです。


           記
         

シンポジウム《第19回党大会後の中国を読む:日中国交正常化45周年に寄せて》

日時:2017年11月18日(土)13:00〜17:40 
会場:法政大学 市ヶ谷キャンパス
    外濠校舎 S307教室
参加費(資料代):¥1,000
            
 スケジュール
            
総合司会:諏訪一幸(静岡県立大学)、久保亨(信州大学)
13:00〜13:05 開幕挨拶・菱田雅晴(法政大学)

13:05〜14:05 内政セッション  
「新しい中南海:指導部の人事を読み解く」林望(朝日新聞)
「新権威主義か皇帝独裁か--習近平体制を問う」天児慧(早稲田大学)

14:10〜15:10 経済セッション
「習近平政権二期目の経済課題」津上俊哉(津上工作室)
「新常態下の対外開放2.0」大橋英夫(専修大学)

<休憩10分>

15:20〜16:20 安全保障+外交セッション
「“中国の夢”の虚実--習近平大国外交の行方」高原明生(東京大学)
「パワーシフト環境下の中国の安全保障政策」増田雅之(防衛研究所)

16:25〜17:25 日中関係セッション
「日中関係をめぐる民意と民の活力-ポピュリズムーの嵐が吹き荒れる中で-」阿古智子(東京大学) 
「世界の中での日中関係」小嶋華津子(慶應義塾大学)

17:25〜17:40 総括 天児慧(代表幹事) 

懇親会:会費 ¥3.000  アジアン・フォレスト


参加お申し込みは下記からお願いいたします。
あるいは、下記本会アドレスあて、直接ご連絡いただいてもかまいません。
  「新しい日中関係を考える研究者の会」  
     <sinojapaneserelations@gmail.com>





【申込み】

■お名前


■ご所属

■Eメール


■懇親会 参加の有無



オーラル・ヒストリー:《戦後日中関係の源流をたどる》第6回ワークショップのご案内

 本会の重点活動の一つとしてのシリーズ企画オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》は、既にビジネス、メディア、外交そして金融、文化交流と回を重ねるごとにご好評をいただいておりますが、新たな試みとして、西条正さんをゲスト・スピーカーにお招きし、下記の通り第6回研究会を企画いたしました。

 今回のゲスト、西条正さんは、敢えてくだくだしいご紹介をするまでもなく、『中国人として育った私―解放後のハルビンで』 (中公新書、1978年)、『二つの祖国をもつ私―ハルビンから帰って十五年』 (中公新書、(1980年) の著者としてよく知られている方です。改革開放直後、中国への関心が高まる中、この2冊は、山本市郎さんの『北京三十五年―中国革命の中の日本人技師』 (岩波新書、1980年)と共に当時の日本の中国理解のスタートとなりました。本研究会は、必読古典ともいうべきこれらの御本に必ずしも収めきれなかった西条さんの貴重なご体験を直接お聞きする貴重な機会かと思われます。
 
 のみならず、今回は、当時それら出版その他に深く関わった石井明・東京大学名誉教授に聞き手としてご登壇いただくことになりました。「中国20年、日本52年」というタイトルの下、多くの興味深いお話がうかがえるものと期待されます。

 会員のみなさまの積極的なご参加をお待ちしております。また、こうした日本と中国との深い関わりの歴史を是非若い方々にもお伝えすべく、周囲の方々にもお声をかけていただければ幸いに存じます。


オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》
第6回ワークショップ 

期日:10月14日(土)午後3時〜5時
於:早稲田大学 西早稲田ビル 19号館710教室
   アクセスマップ https://www.waseda.jp/gsaps/access/
司会:諏訪一幸幹事(静岡県立大学教授)
ゲスト:西条正さん
聞き手:石井明・東京大学名誉教授


下記からお申し込み下さい。
あるいは、
下記本会アドレスあて、直接ご連絡いただいてもかまいません。
  「新しい日中関係を考える研究者の会」  
     <sinojapaneserelations@gmail.com>





【申込み】

■お名前/ご所属


■Eメール


■連絡事項



オーラル・ヒストリー:《戦後日中関係の源流をたどる》第5回ワークショップのご案内

 本会の重点活動の一つとしてのシリーズ企画オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》は、既にビジネス、メディア、外交そして金融と回を重ねるごとにご好評をいただいておりますが、次回第5回研究会として文化交流分野をとりあげることにいたしました。

 今回は、1956年3月23日、中島健蔵(仏文学者)、千田是也(演出家)、井上靖(作家)、團伊玖磨(作曲家)らが中心となり、日中両国間の友好と文化交流を促進するための民間団体として東京で創立された日中文化交流協会にスポットライトをあてます。

 文学、演劇、美術、書道、音楽、舞踊、映画、写真、学術(自然科学、人文社会科学)など文化各界の個人、出版、印刷、報道、宗教、スポーツ、自治体、経済界などの団体・法人を会員とする日中文化交流協会は、各専門分野の交流のための代表団の相互往来を中心に、舞台公演、映画会、音楽会、文物・美術・書道など各種展覧会、学術討論会の相互開催などの活動を展開、その活動が評価された結果として、国際交流奨励賞(1985年、国際交流基金)、文化交流貢献奨(2007年、中華人民共和国文化部)等を受賞しています。

 第5回源流ワークショップでは、長く日中文化交流協会事務局にあって第一線の日中文化交流の現場に携わって来られた佐藤純子さんをゲストに迎え、加藤千洋会員を聞き手として、以下の要領にて開催いたしますので、奮ってご参加いただけますよう、茲許ご案内申し上げます。

オーラル・ヒストリー《戦後日中関係の源流をさぐる》第5回 文化交流①
期日:4月15日(土)午後3時〜5時
於:早稲田大学 西早稲田ビル 19号館710教室
   アクセスマップ https://www.waseda.jp/gsaps/access/
司会:諏訪一幸幹事(静岡県立大学教授)
ゲスト:佐藤純子氏(日本中国文化交流協会)
聞き手:加藤千洋会員(同志社大学グローバル・スタデイズ研究科教授)

下記からお申し込み下さい。
あるいは、下記本会アドレスあて、直接ご連絡いただいてもかまいません。
  「新しい日中関係を考える研究者の会」  
     <sinojapaneserelations@gmail.com>





【申込み】

■お名前/ご所属


■Eメール


■連絡事項



ページ移動